安城由紀子、潮田玲子が勝てなかった消えた天才消えた理由や今現在は?  

こんにちは!

ヒロテツです。

バドミントンで北京五輪8位入賞、アジア大会、世界選手権銅メダル、全日本総合選手権5連覇など世界でもトップレベルで元日本代表潮田玲子さんが唯一勝てなかった天才、安城由紀子さんについてバドミントンを辞めた理由や今現在どうしているか気になり調べてみました。

安城由紀子さんについて

安城由紀子さんは1983年生まれでバドミントン天才3姉妹の末っ子で潮田玲子さんと同級生、大阪府出身で当時瓜破西SSCというバドミントンのクラブに所属していました。

小学6年生の時(1995年)石川県金沢市で開催された全国大会(第4回石川大会)で優勝しています。

瓜破西SSCはバトミントンの名門クラブらしく今現在も実績を残しているようで指導者も良かったのでしょうが安城由紀子さん自信も相当な運動神経の持ち主だと考えられます。

スポンサードリンク

安城由紀子さんがバドミントンを辞めた理由

12月2日の「消えた天才」で取り上げられるのでその時に詳しくわかると思いますが安城由紀子さんは小学生でバドミントン日本一になった直後にバドミントン界から突然姿を消したと有ります。

一体何が有ったのでしょうか?

調べた情報によるといじめが原因のようです。

クラブや学校で安城由紀子さんの実力を妬んで何か嫌がらせ行為でもあったのでしょうか?

詳細は解りませんがバドミントンを続けていれば潮田玲子さんのように世界レベルの選手になれたかもしれないのでとても残念です。

安城由紀子さんの今現在は?

今現在、安城由紀子さんはとうしているかというと調べによると僧侶として出家されて仏の道を歩んでいるとのことで現在浄土真宗・東本願寺で仕事をされているそうです。

出家とは世俗を遠くさとりを求める普通の生活とはかけ離れた非常に厳しいものだと言われています。

そういうところに身をおいてこの世の苦しみから離れることを目的として出家の道を歩むとも聞いたことがあります。

女性で僧侶に出家するなんてそういう人はなかなかいないのでやはりバドミントンを辞めて現在にかけて安城由紀子さんの身に(精神面に)何かあったのだろうと思われます。

そのあたりも「消えた天才」で語られるかもしれませんね。

まとめ

小学生の頃からたぐいまれな才能を持っているにも関わらずいじめが原因でバドミントンをを辞めてしまった安城由紀子さん非常に残念なことです。

また、「消えた天才」で詳細が語られると思うので何がおこったのか聞いてみて今後このようなことがないようにしていかなければいけませんね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク