堀井動物園ニュースで飼育に問題あり裁判起訴報道客の評判は?

こんにちは!

ヒロテツです。

最近、堀井動物園で動物の飼育環境と動物管理を始め様々な問題があると言われておりまた、昨年8月に人に危害を与える恐れがあるため都道府県に届け出が必要とされているアビシニアコロブス(サル)とハクトウワシを無許可で飼育していたとして動物愛護法違反の疑いで在宅起訴されたとニュース報道され地元で注目の的になっています。

堀井動物園で問題視されていることは

飼育場の火災や動物の脱走、悪臭などで近隣住民とのトラブルを起こしている。

動物が良く死ぬ動物園で動物保護団体が調査を行った際白骨化した羊の頭蓋骨が出てきた。

起訴原因になったサルとワシももうこの世にいない。

亡くなった動物を肉食動物の餌にしている噂も

動物は動くことさえ困難な狭いケージや暗いコンテナ倉庫に押し込められるように飼育されており掃除もろくにされていない。

ケージの中は餌の残骸が散らばっており糞尿が垂れ流されている状態で足元には鳥の死骸が転がっていた。

などずさんな飼育環境と動物管理で行政で71回の立ち入り検査と50回以上の指導してきたがあまり改善されず主に近隣住民と動物愛護団体などと問題になっている堀井動物園ですが来園者の感想はどうなのか調べてみました。

堀井動物園来園者の評判は?

堀井動物園は30年以上動物園をやっている実績も有り堀井氏本人は「私たちは何も悪いことはしていません。何もわからない人たちが騒ぎ立てているだけです。」と言っており動物が好きで大事にしてきたからこれまでやってこれたとも言っていますが第三者(来園者)の評判はどうなのでしょうか?

調べてみた所

いろんなところで展開して動物たちと触れ合えるが臭い。

見かけはぼろいし色々な噂のある動物園だが知識のあるひとが見ればここの動物たちが大事に育てられていることが動物の状態などから一目でわかる。

引き取り手の無い動物を引き取って育てたりスタッフの動物への愛情が感じられる。

楽しそうな子供の笑顔が見られるのでつい立ち寄ってしまいます。

などやはり臭いはきついという感想の他ネットの情報を見た人が閉園してほしい、動物が可哀そう、動物の扱いが酷いなどとありましたが中には上記にあるように良い評価をしているコメントもありました。

まとめ

堀井動物園では様々な動物1000匹以上飼育しており管理しきれていない面もあるのかもしれませんが悪臭や脱走騒ぎなどから悪評判になってしまったのかもしれませんね。

今後動物園はどうなるのかわかりませんが動物たちが良い環境で暮らせることを願うばかりです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク