風疹が流行中!症状や治療法、予防接種の費用はどの位かかるのか?

こんにちは!

ヒロテツです。

皆さんは風疹の予防接種は受けたことはありますか?

僕は子供の頃にしたんじゃないかと思っていましたが親に確認したところ風疹の予防接種は行っていませんでした。

どうやら風疹の予防接種は日本では1995年の4月から生後12ヶ月~90ヶ月の男女に風疹の定期予防接種が義務付けられているのですがそれ以前は先天性風疹症候群を回避するために将来妊娠する可能性のある女子中学生にのみおこなわれていたようです。

最近首都圏(茨城県)で風疹に感染した人がいるという情報が有り発症者がワクチン未接種で十分な抵抗力がない40~50歳の男女に集中しているとのことで僕も感染の可能性があるので

症状や治療法、予防接種の費用はどの位かかるのか?

気になり調べてみました。

風疹の症状、治療法

小さく赤い発疹が全身に広がっていき38℃前後の発熱や耳や首の後ろのリンパ節の腫れ、目の充血、軽い咳などの症状が有ります。

大人がかかるとでは関節痛が現れることが多く高熱が出たり発疹が長引いたり重症化することも有ります。

問題なのは妊婦さんが感染すると先天性風疹症候群と言って赤ちゃんにも感染して難聴、心疾患、白内障など重い合併症を引き起こすことが有る事です。

風疹に特別な治療法は無く症状を和らげる治療、つまり発熱があれば冷やしたりせきや鼻水があればそれをやわらげたりする位の症状に応じて行う治療のみです。

風疹の予防接種の費用は?

費用は具体的には書かれていませんでしたが風疹抗体検査と予防接種を合わせて行っても10,000円前後位かかるようです。

また妊娠を希望していて風疹抗体が低い女性

妊娠を希望している女性の夫(パートナー含む)同居者で風疹抗体が低い方

風疹抗体の低い妊婦の夫、同居者で風疹抗体が低い方

などの条件を満たしている方は予防接種の一部助成しているところもあり詳しくは事前に病院などに問い合わせてみると良いと思います。

まとめ

風疹は大人になって感染した場合症状が重くなる傾向があるようで飛沫感染、直接接触感染しインフルエンザウイルスよりも小さく手洗い、うがい、マスクの着用では感染を防ぐことができないため感染しやすく予防接種を受けていない人は受けた方が良いようです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク