飯尾和樹が「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」に出演!!天才的なギャグは見れるのか?

こんにちは!

ヒロテツです。

飯尾和樹が「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」に出演です!!

飯尾和樹さんと言えばバラエティー番組での活躍が多く一発ギャグがあまりにも有名ですよね。

なので今回は飯尾和樹さんのギャグ(活動)について調べてみたいと思います。

プロフィール

名前:飯尾和樹

生年月日:1968年12月22日

年齢:49歳

出身地:東京都世田谷区

血液型:O型

身長:173cm

最終学歴:東京学園高等学校

コンビ名:ずん

相方:やす

芸風:ボケ、一発ギャグ、コント

事務所:浅井企画

活動期間:1991年

同期:キャイーン、ナインティナイン

過去の代表番組:笑っていいとも!、内村プロデュース

配偶者:既婚

飯尾和樹の天才的ギャグの軌跡

1990年に浅井企画に所属し1991年お笑いコンビ「チャマーず」を結成しデビューするも翌年解散。

1992年、村山ひとしと「La・おかき」を結成しツッコミを担当した。

1997年「La・おかき」を解散後からしばらく1人で活動していたがやすと2000年に「ずん」を結成し今に至る。

現在はボケ担当。

コンビを結成した後もなぜか1人の活動が多く笑っていいとも!、内村プロデュースなどに単独で出演をしていたが最近はコンビでの出演が増えてきた。

笑っていいとも!に初出演したときフジテレビからあいつは誰だと質問が殺到したとタモリが暴露し爆笑している。

大喜利の得意としており「IPPONグランプリ」ではNo.1回答者として選ばれる。

ギャグは動きを伴ったギャグか十八番で「ペッコリ45度」「後輩にはマイナス10度。ふんぞり」「ペッコリ、リコッペ」「スタコラツー、ツーラコタス」などがある。

「深夜でロンドンハーツ芸人の限界は!?ドッキリの検証」で飯尾和樹さんはニセのPR撮影でいくつ一発ギャグを繰り出すことができるか限界に挑戦し結局1時間15分かけて60個の一発ギャグを披露しその天才ぶりがうかがえる。

漫談ネタでは「現実逃避シリーズ」が有名で寝転がり「平日の昼間から~ゴロゴロ~ゴロゴロ~」とつぶやいた後現実離れしたことをいう。

飯尾和樹さんみたいに多くの人を笑わせられるギャグを考え披露できたらきっと良い人間関係も築きやすく人付き合いにとってすごくプラスになるのでとても羨ましいスキルです。

また、日々の生活の中で笑いにつなげる発想や閃きはなかなか普通の人にはできないことで飯尾和樹さん独自の才能と言えるでしょう。

飯尾和樹が「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」に出演です!!

イタリアを充電式のバイクで走りバッテリーがなくなったらどこかで充電させてもらいながら旅をする番組みたいですが飯尾和樹さんの他出川哲朗さん上島竜兵さんのメンバーなのできっと面白おかしく行くんだと期待しています。

まとめ

お笑い芸人の他テレビドラマやCM、舞台などの仕事もこなしており幅広く活躍が期待できそうです。

でもやはり個人的には飯尾和樹さんにはこれからもより一層バラエティー番組で笑いを提供してほしいです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク