韓国海軍が海自機に火器管制レーダー照射なぜ?問題点から考察

こんにちは!

ヒロテツです。

今、日本と韓国間で韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したとして防衛省が説明を求めたところ韓国側は火器管制レーダーを照射はしていないとの主張で話が食い違っている問題が起こっており今だ真相はつかめていません。

日韓間の主張

火器管制レーダーを照射したことによる問題点

などからなぜ今回のようなことが起こったのか考えてみたいと思います。

日韓間の主張

日本防衛省としては

哨戒機から収集したデータを解析した結果火器管制レーダーの照射を確認済みまた、火器管制レーダー特有の電波を一定時間複数回照射されたことを確認していると主張。

韓国側としては

火器管制レーダーの照射はなかった。

遭難した北朝鮮漁船探索の為火器管制レーダーの脇にあった光学カメラは使ったが火器管制レーダーのスイッチはきれていた。

韓国側が使ったのは探査用三次元レーダーであり近くを飛行していた日本の哨戒機に当たったと主張

火器管制レーダーを照射したことによる問題点

火器管制レーダーは攻撃実施前に攻撃目標の精密な方位、距離を測定するために使用するもの。

火器管制レーダーの照射は不測の事態を招きかねない危険な行為仮に遭難船舶を捜索するためでも周囲に位置する船舶や航空機との関係もあり大変危険な行為。

韓国も採択しているCUES(洋上で不慮の遭遇をした場合の行動基準)において火器管制レーダーの照射は船舶または航空機に遭遇した場合は控えるべき動作。

これらのことから日本側から見たら韓国海軍がこれから攻撃するという意思表示にも捉えられまた、火器管制レーダーの照射自体が大変危険な行為なことから今回のことも大問題だということが捉えられます。

まとめ

日韓両国の関係は北朝鮮問題などから見ても連携、協力関係にあり敵意はないはずですし防衛省のホームページからも十分なデータ解析を行ったうえでの主張だということから韓国側が特に敵意を持って火器管制レーダーを照射したわけではなくなにかミスをして隠しているような気がします。

日本防衛省側としては事実を認めて再発しないよう約束してほしいとそういう思いでそれ以上ことを荒立てるつもりはないようです。

韓国側も日本と争うつもりはなく事態の沈静化を求めておりこれからも協力関係でいたいということですがこのままだと両国間に多少なりとも不信感が出来てしまいますね。

今後どのように話が進んでいくのかニュースに目が離せません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク