大林素子若い頃~現在激やせは病気? (たけしのニッポンのミカタ)

こんにちは!

ヒロテツです。

大林素子さんは日本の元バレーボール選手で僕が中学生や高校生位の頃に良くバレーボールの試合でテレビで目にしたことがあります。

僕自身バレーボールに興味があるわけではないのですが大林素子さんはエースアタッカーとしての活躍ぶりが目を見張るものがありバレーボールに興味のない僕ですら大林素子さんの名前は知っていますしプレーに見入ってしまうほど凄い選手だったと記憶にあります。

そんな大林素子さんの若い頃から現在の活動状況また最近激やせしており病気なのでは?という噂もあり調べてみました。

プロフィール

名前:大林素子

生年月日:1967年6月15日

年齢:51歳

出身地:東京都小平市

身長:184cm

血液型:O型

学歴:小平市立第2中学校卒業、八王子実践高等学校卒業

職業:女優、タレント、モデル、スポーツキャスター

ジャンル:舞台、テレビドラマ、映画

事務所:ホリプロ

大林素子さんの若い頃から現在の活動状況は?

現役の頃

小学校に入ってから身長がグングン伸びて小学6年生ではなんと170cmにまでなり周りから身長のことでからかわれるなどコンプレックスになっていたそうですがテレビアニメ「アタックNo.1」を見ることで高い身長が武器になると中学ではバレーボール部に入部します。

八王子実践高等学校に進学し1984年春の高校バレーは3位、1985年は準優勝。

1985年、高校在学中に全日本代表初選出、同年でのワールドカップで国際大会デビューを果たす。

1986年当時実業団トップチームと言われた日立に入団する。

1989年ワールドカップ直前に膝と右足首にケガをしコートに立てなかった。

オリンピックには1988年のソウル大会、1992年のバルセロナ大会、1996年アトランタ大会の3大会に出場しエースアタッカーとして活躍した。

1994年チームの内紛に端を発した騒動で日立を解雇される。

1995年日本人初のプロバレーボール選手としてイタリア・セリエAと契約し5ヶ月プレーした後帰国し東洋紡オーキスとプロ契約を結ぶ。

1996年アトランタオリンピックに出場した後1997年3月に現役引退する。

オリンピックではメダルに届かずどうしたらメダルを取れるのか考え更なるレベルアップを目指しプロ契約を求めた結果解雇されるなど大変な時期もあったようですが結果的には世界へ目を向けるきっかけにもなり目標は果たせなかったが満足のいくバレー現役時代であったと思います。

引退後

引退後はホリプロに所属しスポーツキャスターとしてバレーボールの中継解説やバレーボールアドバイザーリースタッフとして指導者になる。

また、日本バレーボール協会テクニカル委員、スポーツマスターズ委員会シンボルメンバー、スポーツ少年団委員なども行っている。

その他タレント、女優として幅広くテレビ出演しているようです。

大林素子さん激やせ原因は病気?

最近大林素子さんが激やせしたという噂があり画像など見てみると確かに頬がこけていたりして痩せたように見えます。

理由についてはっきりした情報は有りませんし癌ではないかとの声もありますが体調不良ではないようですし単に年齢的なものや披露によるものではないかと思います。

大林素子さんが「たけしのニッポンのミカタ」に出演!!

スポーツとは関係ないバラエティー番組のようですが今となってはほんとうに幅広くテレビ出演されているのですね。

とても器用な方ですね!!

まとめ

大林素子さんは現役引退後もバレーボールの指導やそれにまつわる仕事について本人の努力もあるのでしょうがまさに理想的な人生を送っておりその他にもタレントや女優の才能も持っておりこれからも色々なところで活躍してくれそうですね!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク