退職代行サービスとは?評判や料金を調査(クローズアップ現代+)

こんにちは!

ヒロテツです。

クローズアップ現代+という番組で退職代行サービスについて特集されるそうです。

僕の住んでいる地域では聞いたことが無く、今、こんな仕事もあるの!?

でもこんなことしたら逆にもめたりしないのか?と驚きや疑問また、詳しい情報を知りたいという興味があり調べてみました。

退職代行サービスとは?

皆さん想像はつくと思いますが本人に代わって会社を退職する為の本人の意思や必要な連絡を全て代行してくれるサービスです。

辞表とか退職に伴う書類関係は自分で用意しなければいけません。

一般業者が行っているところと弁護士がおこなっているところがあるそうです。

残業代未払いなどの交渉が必要な場合は一般業者がが行うと法律上問題があるようで弁護士に依頼しないといけないようです。

退職代行サービスの評判や料金は?

意外と需要は高いようです。

退職サービス業を立ち上げてから依頼件数は月に300件を超え毎日「死にたい」「助けてほしい」などの相談が寄せられているそうです。

僕も退職の経験があるのでそういうサービスが有れば頼ってしまう気持ちもわかります。

僕は退職の理由は給料が安くて生活できない、休みがなかなか取れない、長時間労働で自分の時間が持てないなどその会社に将来性を感じることが出来なかったのが理由でした。

退職の意志を会社の上司なり社長なりに言うのってホントに勇気がいりますよね。

言ったら退職の理由を根掘り葉掘り聞かれその時だけ改善するようなことを言って優しい言葉などをかけたりして丸め込むのが前にいた会社のやり方でその時は辞めた後の勤務先も決めて何を言われようと絶対に辞めるんだという強い意志を持って臨みました。

その後何度も上司や社長などに呼ばれ正式に退職が決まるのに1ヶ月位かかりその間は精神的に辛かった記憶があります。

退職代行サービスに依頼してトラブルになったことはないようです。

辞めたくても言い出せない状況ってありますよね。

人手不足、上司が高圧的、精神的苦痛など、もっと追い込まれた状況の人もいるかと思います。

これからの社会には必要なサービスともいえるかもしれません。

料金はその業者によって多少違いは有りますが3万円~5万円位のようです。

クローズアップ現代+で退職代行サービスについて放送される。

11月19日のクローズアップ現代+で退職代行サービスについて特集されるようです。

IT企業社長青野慶久さんがゲストに招かれ経営者目線での意見なども聞けるかもしれませんね。

まとめ

給料が安く休みがなかなか取れない、長時間労働などが当たり前の現代社会また、精神的な苦痛なども大きな理由で現代社会のニーズに伴い退職代行サービスなる職種が生まれたのでしょう。

一昔前には考えられないことです。

これ以上社会情勢が悪くならないよう祈るばかりです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク